40代からの資生堂の基礎化粧品と口コミ

40代向けの基礎化粧品って、どんな化粧品?

資生堂に限らず、基礎化粧品はよく30代向け、40代向け、50代向けなどと年代別表現をすることがあります。
こういうとき、40代向けというのはどんな化粧品なのでしょうか。化粧品メーカーでは、「40代向け、50代以上向けなどと
謳われていても、その年代以外が使ってはいけないということではない」と言っています。年代を謳っているのは、
その年代の方々のもっとも気になる部分をケアするような成分が含まれている
ためなのです。


たとえば40代になると、お肌のハリの問題がかなり多くの人に見られるようになります。そこで、ハリを保つような保湿効果の高い
基礎化粧品を40代向け化粧品
と言っているのです。30代でもハリが気になるなら、こういう化粧品を使うといいでしょう。

40代からの資生堂の基礎化粧品は、これ!

40代になったら使いたい資生堂の基礎化粧品は、以下のようなものがあります。


「エリクシール シュぺリエル」・・・”豊かなハリ肌”のための基礎化粧品 
      エリクシール シュぺリエルの口コミ・評判を読む
「クレ・ド・ポー・ボーテ」・・・アンチエイジングのための基礎化粧品 
      クレド・ポー・ボーテの口コミ・評判を読む


「べネフィーク」・・・”大人肌のため”の基礎化粧品
 ★べネフィークにはさらにシリーズがいくつかあるのですが、中でも抗老化機能に着目したシリーズ
「べネフィーク リニュー」から2007年秋、うるおい環境を整えてハリと弾力を与える新スキンケアシリーズと、新技術で小じわやたるみをしっかりカバーするメークアップシリーズが発表されました。これは、30代、40代女性の美肌ニーズに対応したものです。
      べネフィークリニューの口コミ・評判を読む


「リバイタル」・・・”肌の変わり目に。ふっくらしたハリ感を肌に”与えるための基礎化粧品
 ★資生堂「リバイタル」は、40代以上の女性を対象にした基礎化粧品のあるブランドですが、2007年秋、保湿効果のある新成分
「カスムナールエキスG」が化粧水と乳液、クリームに新たに加えられ、たるみやしわ、くすみ、シミの原因となる肌へのダメージを防ぐ機能が強化されました。(7年ぶりの成分変更でした。) リバイタルの口コミ・評判を読む


「インテグレート グレーシィ」・・・”大人肌のメーキャップのため”


さらに資生堂の50代向け基礎化粧品には、”50歳からの肌へ”と謳っている「アクアレーベル」エイジングケア・ラインがあります。
「アクアレーベル」には他に美白ライン、保湿ラインのシリーズがあり、50歳以上だけでなく、幅広い年代に支持されている
人気基礎化粧品です。

40代に人気の基礎化粧品の口コミ、効果など

口コミなどをみると、肌に合う基礎化粧品は本当に十人十色。これは、もちろん40代だけではありません。でも40代になると、「肌のハリがおちてくる」「シミや小じわが気になってくる」という悩みは共通
しているようです。そこで注目されるのが、コラーゲンやヒアルロン酸という成分。また、保湿力のある
基礎化粧品もツルツルしっとり肌になるために人気です。


資生堂基礎化粧品の口コミで、根強い人気があるのが「クレ・ド・ポー・ボーテ」。中でも、
セラムシネルジックという化粧水はお値段も高いのですが、その効果は誰もが認めるところのようです。
また資生堂の「リバイタル」基礎化粧品で、成分が新しくなった化粧水ローションEXや乳液も、
口コミでとても評判がいいですね。トロミがなく、バシャバシャつけられるさっぱり系なのが、
人気基礎化粧品である秘密のひとつです。


資生堂以外の基礎化粧品では、口コミやランキングで人気のあるのは、
ライスフォース(おコメから作られた基礎化粧品で、香りの好き嫌いが分かれるようですが抜群の保湿力があるようです)、
ラボルテ(アンチエイジングの無添加基礎化粧品で、やはり浸透力に優れているようです)、
トリニティライン("杏林製薬"の基礎化粧品で、ナノカプセルジェル技術により有効成分を角質層まで浸透させ潤いを長時間キープする)。


他にもDHCやクラランスなど多くのメーカーから、コラーゲンや、アルジルリンなどという成分の入った40代向けの基礎化粧品が出ています
化粧品は試してから買うのが一番。通販などでもサンプルを送ってくれるところもあります。また通販だと格安・激安で
資生堂などいろいろな化粧品が買えるので賢く利用しましょう。